Ranking

193カウント

bc-god
142カウント

佐々木啓太
128カウント

阿部悠人

Recommend

  • 文化人
  • 横山 ゆき


"英会話"も"TOEIC"も"ビジネス"も"人生"も最高に楽しみ抜いてます!

  • 文化人
  • ハートリー明子


国際結婚でリア充海外生活を送っています。「グローバルな愛され女子育成プロジェクト」に参加したい方、絶賛受付中です!

  • ネットショップ
  • 山下勝博


輸入転売

  • その他
  • 安田貴子


中古カメラ⇒【国内&欧米Amazon転売】★安田貴子です!

  • 家電せどり
  • 田島 宜和


TAJIMAXの冒険

喜びの声をいただきました。

image



新宿のハイアットリージェンシーにいます



サンタのプレゼントの梱包をしていないので



とても焦っています。



子供がもう家にいるのでラッピング用品を買うのも一苦労…



 



明日がんばります笑



 



さて、お客様からとても嬉しい声をいただきました。



 



今年の6月に初めて来院されて



施術とカウンセリングを受けられた方です。



 



 



慢性的な頭痛で来院されたのですが、



キネシオロジーで原因を検査していくと



旦那様に対する「不安」な感情がひっかかってきました。



本人的には最初は「???」という感じでしたが



 



旦那さんとの関係や問題点などの話を聞いていくうちに、



 



「怒れてくるんですよ!」



「ほんと私の言うことはひとつも聞いてくない」



 



という不満があることがわかってきました。



 



旦那様は、お仕事がとてつもなく忙しい方で



体調が悪くなったりするのに休んでくれなくて



働きすぎの上に食べ過ぎで



いくら言っても聞く耳を持ってくれないそうです。



 



 



「聞いてくれないとどうなると思いますか?」



という問いかけに



 



「早く死んでしまうんではないかと思います」



と答えました。



 



 



ご本人はいつも旦那様に対してイライラするのは、



旦那様のせいだと思っていたそうです。



 



「心配なんですよね?」



という一言に、



「あぁ…そう…ですね」



と自分の隠れた感情に気付かれたようです。



 



 



 



私にもおぼえがありますが



あなたにもあるんじゃないでしょうか?



 



大切な人の事を心配しすぎて



心配のあまり怒れてしまうこと。



 



特に子供やパートナーに対しては、



あなたの想像しうる「最悪の結果」になった時に



耐えられる自信がないから



 



どうしても手放しに「まぁいいか」



とはなれないですよね?



 



 



でも感情に流されていない今



ちょっと冷静に一緒に考えてみましょう。



 



あなたは人から



「健康に悪いから食べるのやめなさい!」と言われて



食べるのをやめたくなることはありますか?



 



分かってるけどやめられないから食べてしまうのに



それをそんな言い方されたら



ちょっと嫌な気分になって



何なら「ふんっ」ってなるかもしれませんよね?



 



たとえお医者さんに注意されたとしても



あなたが何らかの理由でやめようと決心しない限り



絶対にやめられないはずです。



(死にたくない。綺麗でいたいなどの自分自身の強い欲求と結びつかない限りは…)



 



人間の深層心理で



やれと言われるとやりたくなくなり



やるなと言われるとやりたくなる



というのがありますが



 



感情に流されている時って



こんな深層心理がどう働くかなんて考えられなくなっちゃいませんか?



 



で、見事に逆の効果をもたらすセリフや行動をしてしまいまっていることに、



今なら気付けるはずです。



 



「私だってわかってるんですよ。でも…」



 



 



そうなんです。



「でも」瞬間的に感情に支配されると



逆効果の行動をとってしまう。



 



でもでも!



 



「そんなに食べちゃだめでしょ!」



「食べてばっかりいないで運動でもしたら?!」



 



と言い放たれるのと



 



「長生きしてほしいなぁ。私はあなたがもう少し健康に気をつけてくれたら嬉しい❤︎」って言ってみる



「一緒に散歩に行こう〜!」って誘ってみる



 



っていうのと



 



どっちの方が効果的だと思いますか?



冷静な時なら誰だって後者を選びますよね?



 



でも出来ないですよね?笑



 



 



 



ほんと書いてて自分グサグサささる内容なんですが、



 



「〇〇しちゃダメ!」って言っても効果がない、



むしろ逆効果なのは自分の事に置き換えて考えてみたら分かること。



命令することで根本解決になるはずがないのは誰でも分かっているはずなんです。



でもできない。



「そんな風に言っちゃダメ!」って思っても出来ないんですよね。



 



実はここにも深層心理が働きかけます。



「やらなきゃと思うとやりたくなくなる」



言っちゃダメって思えば思うほど出来ないという



「ダメ」の深みにハマっていく…



 



どーすりゃいいのさ!ってなるんですが、



ここの逆回転の歯車にくさびをうつには



根底にある不安の正体に気付いて



自問自答すること以外に今のところ



私は解決方法を知りません。



 



自分の中のよくわからない漠然とした恐れを



理解することで冷静な頭でいられることが増えました。



 



だからまず「気付く」のって大事なんですよね。



 



みんな怖いことや不安な事を考えると、



なんとかそこから離れようとしたり、



フタをして見なかったことにしたがります。



 



ほんとはそこに気付いたら



「ほんとに怖いことなのか?」って



よくよくよーーーーく考えてみたほうがいいです。



 



 



ご飯を食べ過ぎたら死んでしまうのか?



ご飯を食べたい時に食べない方がストレスがたまるのではないか?



そもそもなぜそんなに食べたがってるのか?



ストレスがたまっているから食べたいんじゃないのか?



なぜストレスが溜まっているのか?



明らかに仕事でストレスがたまっているようだ



なぜそんなに仕事をしないといけないのか?



子供の養育費のため?生活のため?



お金が無いと生きていけないのか?



お金が無いとどうなると思っているのか?



 



 



何だかどんどん深い悩みにいきつくわけですよ。



まぁ、ここまで探らなくても良いですけどね。



 



私は多分これがおもしろくて仕方ないので



ついつい考えてしまうだけで



あなたがこんな事を考えて楽しめるとは思ってないんですが



 



でもこれをすると、驚きの恐怖の正体に行き着くことが多くて、



というか、いつもほとんど同じようなとこに結局行き着くんです。



 



これがまた面白いんですけどね。



 



でも多分そこに気付かない限り、



冷静な判断や自由な思考ができる状態は得られないと思うんですよ…



 



だから



「こんな言い方したいんじゃないのに」って思ったことがある人は是非考えてもらいたい内容です。



 



あなたの根底にある「恐れや不安」は何なのか?



考えてみる価値はあると思いますよ。



 



 



 



 



旦那様への怒りは、愛情があるからこそなんだと気付いたその方は



 



「自分では何も変えてないし、変わってない気がするんですけど、



今、あきらかに関係性が違うんです。



よく考えてみると、あの施術の日に気付いてからなんですよね」



「むしろ夫が変わってくれたように感じるんです」



 



と言ってくださいました。



もちろん変わったのはその方で、



旦那さんが先に変わったのではないのは話を聞いていてもわかります。



 



 



 



「自分の性格ってなかなか変えられませんよね〜」



っておっしゃる方は多いですが



 



違うんですよ。



変えられるのって自分しかないんです。



 



他の事は一切変えられません。



変えられると思っているから苦しくなるんです。



 



何かが変わったと感じたら、それはあなたが変わったということです。



 



私もまだまだちっとも冷静になれませんが



昔よりも大分マシになったと思います。



 



少なくとも、イライラする原因を外に探さないので



打開策を考えることはできるのです。



 



それだけでも大分楽になりました。



 



「全部自分が悪いと思えってこと?」



 



うーん…ちょっと違います。



 



「全部自分が選択できる」ということなんですよ。



これがまた自由で責任重大で素敵なことなんです。



 



あなたも是非自分の恐れの原因を探ってみてはいかがでしょうか??

もっと読みたい方はこちら ⇒ http://inomata-noriko.com/

おすすめYouTube


Category